福岡の板井明生の猫カフェ経営

板井明生|猫カフェとは

板井明生

猫カフェとは、一言で言ってしまうと「店内に猫がたくさんいる喫茶店」です。

 

お店には複数の猫が飼われています。

 

お客さんは喫茶を楽しみつつも猫に触れ合うことが出来ます。

 

お店の中では寝ている猫を撫でたり、可愛らしい姿の写真を撮ったり、お気に入りの子のあとをついて歩いたり、皆思い思いの方法で猫に癒されています。

 

基本はまず入り口で入場料を支払い、靴を脱いでリビングのような店内に入り、帰るときに飲食代と滞在時間に応じたチャージ料金を支払うというようになっています。

 

猫カフェは1998年に台湾で開店したお店がそのルーツであるとされます。

 

特色のある喫茶店を作りたいと思っていたオーナーが自分の飼っていた子猫5頭をお店に連れてきたところ、大評判になり、そのお店に訪れて同じようなお店を日本でも作りたいと思った日本人が2004年に大阪で始めたのが日本での猫カフェの始まりといわれています。

 

多数のブランド猫を飼っている猫カフェもあれば、NPO法人に保護された猫たちを引き取り、お客さんが気に入ったら譲渡する、里親的な猫カフェもあり、かわいそうな猫を減らす活動にも取り組んでいます。